大企業からスタートアップベンチャーに転職して失敗した体験談


5年間勤務した大手企業を辞めて、スタートアップのベンチャー企業に転職しましたが、これが大失敗の転職でした。今回の記事ではその当時の話をしたいと思います。

 

日系大手コンサルティングファームを辞めた理由

 

私は新卒で日系大手コンサルティング会社に就職しました。入社前の想像通り、毎日深夜まで働くことが多く、また給料も同年代の社会人と比べるとかなり高かったです。

しかし、そんな私が大手コンサルティング会社を辞めた理由は2つあります。

 

大手企業ではただの歯車にしかなれない

 

よく言われていることかもしれませんが、大手企業で働いていると本当に歯車の一つにしかなれません。もちろん、まだまだペーペーの立場でかつ、担当のプロジェクトが巨大だったため仕方ないのかもしれませんが、いまいちやりがいを感じられませんでした。

 

今後10年20年働くイメージが湧かない

 

当時は毎日毎日深夜24時に家に着き、さらに時期によっては土日も潰れるという生活を続けていました。若いうちはまだそれで良いかもしれませんが、体力が衰えてくる30代後半以降、このような生活を続けられるイメージが全く湧きませんでした。

 

スタートアップのベンチャー企業に転職した理由

 

以上のこともあり、私はまだ単月黒字すら達成していないスタートアップ企業に転職をいたしました。

あえてスタートアップ企業を選んだ理由は以下のようなイメージをスタートアップ企業に抱いていたからです。

 

何でもこなせるプレイヤーになれる

スタートアップ企業は大手企業と比べると圧倒的に人手不足です。そのため、あまり分業というものは存在せず、広く担当を持つ必要があります。そのため、何でもできるマルチプレイヤーになれることに強い興味を持っておりました。

 

ストックオプションという夢

 

やはり、スタートアップ企業に入る大きな理由の一つはストックオプションがあります。

私が転職した会社は「3年以内の上場」を目標に掲げておりました。従業員はストックオプションがあるからこそ、会社の売上を伸ばそうというモチベーションは高まりますし、多少年収が下がっても飛び込む理由にもなります。

 

理想と現実のギャップ

 

しかし、スタートアップ企業への転職というのは、なかなか理想通りにはいきませんでした。よく周りに批判もされるのですが、私はわずか5カ月でスタートアップ企業から大手企業へ再び転職することになりました。率直に言うと、会社選びを完全に失敗したなと後悔しております。

 

代表との意見の相違

 

スタートアップ企業の運命は良くも悪くも社長が握っています。私は転職をする際にビジネスの内容だけを見て一番魅力を感じた会社を選んだのですが、最も大切なのはその会社の顔でもある社長が自分に合うかどうかであると感じました。

 

転職した先の社長は、とにかく周りの意見を聞かず、自分の思った通りにしか事業を展開させません。たしかに、成功する社長はある程度そのようなキャラクターは必要なのかもしれません。しかし、それはあくまで社会の最低限のルールを守ることが前提です。

その社長は全くそんなことは気にせず、例えルールに反することを行っても「ばれなければよい」「指摘されたら辞めればよい」といった考えで常に行動しておりました。

 

大手企業は社会からの目もあるため、基本的には法令やコンプライアンスに反する行動は行いません。しかし、その会社ではそれが平気で行われておりました。

もちろん、そのことに疑問を思っている従業員も多く存在しましたが、経営層はそんな意見を全く気にもしていませんでした。

 

百歩譲って、それで事業が成功しているならばまだ納得がいくのですが、明らかにその行動が経営にマイナスの影響を与えていたことに、私は納得がいきませんでした。

そんな現状に私はフラストレーションを強く感じ、私は再び転職することを決意しました。

 

再び大企業へ転職

 

元々新卒で入った会社が大手だったこともあり、無事大手企業への転職活動が成功に終わりました。

再びベンチャー企業を選ぶという選択肢もありましたが、最終的には大手企業を選択いたしました。

その理由は、大手企業はベンチャー企業と比べ「安定した高収入」「市場価値の向上」が簡単に得られる場だと感じたからです。

特に、新卒一社目の会社で働いていた経験は、転職活動において大きくプラスに働きました。そのことからも、やはり大手企業ブランドは強いのだと感じております。

 

 

大手企業からベンチャー企業への転職を考えている方へ

 

はっきり言いますと、スタートアップ企業は本当に社長の器が会社の将来を左右します。

「この人のためなら人生を捧げられる」といったくらいの人でないと、

正直ベンチャーでがむしゃらにやっていくことは厳しいと思います。

 

 

ただし、スタートアップ企業に憧れる方の気持ちもすごくわかります。

だからこそ、本当に人生を掛けて飛び込むならばしっかりと会社を見て、社長を見て、本当に飛び込んでも問題ない会社であると判断したうえで飛び込んでほしいと、この短い経験の中で感じました。

元戦略コンサルタントの管理人に会ってみませんか?

転職相談やキャリア相談、俺のキャリアコミュニティに参加申請などの連絡お待ちしています。

問い合わせボタン

■ この記事を書いた人

元コンサルタント
元コンサルタント
私立大卒→ITコンサル5年→ベンチャー半年→大手IT企業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です