思考なき人材が生まれる!古い日系製造業創業一族のパペットマネジメント


思考なき人材を生み出すパペットマネジメントとは?

「日本企業のマネジメントが見直され再評価されている」

という新聞記事をみたが、確かにデメリットもあるものの、メリットも大いにあると思う。

・100年~30年古くから3代続く

・株は創業家がガッチリ握っている

・製造業で参入障壁が高く、商流もガッチリ固まっており、政界/財界に顔が利く

そういった会社がパペットマネジメントを導入し、株式会社でありながら、実質創業家の帝国を築いている可能性が高い。

「おいおい、パペットマネジメントって何よ??」

と思われる方が大半だと思うので、ここからは私独自の造語であるパペットマネジメントについて説明しようと思う。

そもそもなぜパペットマネジメントと名付けたかというと、これらの会社は従業員の考える力を完全に吸い取り、単純業務をこなす人形のように新卒からそのマインドを植えつけてパペット化するところにある。

パペットとは?

従業員が考える力を奪われると、その会社に人生を委ねざるを得なくなり、創業家の意のままに人をコントロールできるようになる。

「この現代日本で、個人に対してそんな洗脳みたいなことできるの??」

出来るのである。もしかすると読者の方々も洗脳されているのかもしれない。

 

パペットマネジメントメソッド

創業家への崇拝、忠誠心の醸成

それは、入社の段階から刷り込みが始まる。

入社式には、創業家の会社設立から今日に至るまでのサクセスストーリーをまとめた動画が流れ、創業者の今は亡きおじいさんが神の様に奉られる。

そして社歌、社訓の斉唱が行われ、配属までの入社研修ではそれを毎日毎日繰り返し斉唱する。特徴的なのは、他の創業家ではない株の分散した企業と比較して、人事や周りの既存社員の社歌を歌い上げる声が異様に大きいことが挙げられる。

彼らは、数十年かけてパペットマインドを刷り込まれているので、完全に創業家に染まっていることから、創業一族がいる前では忠誠心を示す為に、乱れず大きな声で社歌を歌い上げることがとても重要なことであることを認識している。

 

その勢いに圧され、

「あっ、こんなでかい声で間違えずに社歌って歌わなければいけないんだ!」

と、何も知らない新入社員の頭に強く印象付けられる。

研修も終わり、いよいよ配属、パペットおじさん達に囲まれてOJTだ。

もう入社式と研修の時点で、

「創業家はすごい、天皇以上、逆らったらダメなんだ。」

というマインドが植えつけられているため、数十年、会社で勤めてきたパペットおじさん達に、

「○○社長がおっしゃっているんだ、社長のお気持ちが分からないのか!」

と、なにやら宗教に入っちゃった人みたいな指導をされても、それが常識のように感じてすんなり受け入れられるようになる。

サラリーマンである以上、平日9:00~18:00は確実に拘束される。そういった創業一族の会社は家族経営を謳っているため、土日も社内の人と遊んだり、社内恋愛で結婚することも推奨される。四六時中、創業者が天皇以上というコミュニティにいて、それが数年経ってくると常識になってくるのだ。

入社からの刷り込み~配属後のパペット同士の忠誠心の醸成、が上手いサイクルで回り、創業家の言うことは絶対、天皇のような存在、というマインドを植えつけることが可能となるのである。

 

権限、決定権、能力、スキルの徹底的な剥奪

パペットおじさんにOJTで仕事を教えられ、すくすくとパペット化する新人君達。

創業一族の日系製造業は、外部トレーニングなど社員に教育の機会を与えない。

なので、そういった会社のコンサルに入ると、

「あれっ、このおっさん達、他の会社と比べて全然仕事のカタが出来てないんですけど。」

と戸惑うことがある。

その背景には、発想のあるハイパフォームするようなパペットを、創業家が本質的に求めていないところである。

トレーニングを積んで、スキルを獲得して外部に出られるとパペット化に失敗するのである。

「それだとイノベーションとか起きないから、まずいのでは。。。」

と思われるかもしれないが、古くから続く製造業である以上、参入障壁も高く昔から商流が確立されているため、ある程度収益が担保されているのである。

また、創業家以外の投資や人事などの従業員の決裁権限は、株が分散している企業と比較して、徹底的に吸い上げられている。

1兆売上ある会社だけど、役員の決裁権限が1億以下、なんて会社はザラだ。

「会社組織である以上、組織設計上の役職は与えるけど、創業家で全部決めるからオペレーションだけパペットはやっといてね」

というメッセージである。だから、突出したハイパフォーマーより、従順なパペットの方が昇進しやすい傾向にある。

気持ちよく、創業者の考えに寄り添い、迎合してくれるパペットが愛されるのである。

 

パペットが居心地の良い環境作り

社長の言うこと絶対、トレーニング受けさせない、権限与えないであれば、どこぞのブラック企業でも行われていることである。

創業一族の日系製造業は何が違うかというと、給与、福利厚生、ワークライフバランスがそこそこ良いところにある。

ブラック企業の場合、さすがにパペット社員も、

「このままでは死ぬ、早く逃げ出さねば!」

と気づいて逃げてしまうが、創業一族の日系製造業の場合、

「なんか世間ではブラック企業とかあるみたいだけど、我々は創業家に守ってもらえて幸せ。安心ですわ。」

と、待遇が良いため、その傘の下にいれば安全、安心、終身雇用で楽しく生きていけると思わせることが出来る。

また、社員同士、研修やトレーニングが施されないなど外部からのインプット無しに育てられるため、村のようなクローズドなコミュニティで結束し始めることから、辞職するという選択肢がありえない状況も作り出しているのだ。

 

「とんでもないマネジメントだな、絶対入社したくない!」

と思った人もいるかもしれないが、それはそれで合理的な面もあったりする。

それらの会社は、40~60歳の人に社名を言うと、

「○○社??へー、立派な会社に勤めているんですね。」

とむしろウケがいい傾向にある。

 

パペットマネジメントのメリット

 

単純作業なら生産性が高い

パペット化すると、キャリアパス等も設計されず愚直に働くことになるため、ルーチンワークを長年かけて習熟すること、また、会社への貢献意欲やコミュニティへの帰属意識も高まることから、単純労働なら生産性は高まると思う。

投資銀行、ファンド、コンサルファームなどのハイパフォーマーが集まる会社だと、複雑で難しいことを少人数で回すことは出来るが、社員が目標や意思を持ってしまっているため、単純作業を安定的に回すのにはコントロールが難しくなる。

確かにプロジェクトに入っている時のパフォーマンスは高いが、アイドルタイムにはヘッドハンターに会ったり、それで悩んだり試行錯誤するため、一年平準化するとそんなに生産性が日系製造業の社員も、投資銀行の社員も生産性は変わらなかったりするのでは??

 

辞めないので採用コスト/スイッチングコストが抑制される

また、投資銀行、ファンド、コンサルファームに勤める社員は、常に転職を意識してマーケットを見ながら生きているため、いつ辞めるか分からない。

辞めた後のポジションの代替を中途採用で補うが、求められるスキルセットの人をピンポイントに採用できるか分からないし、採用したとしても人材紹介会社に払う費用や、入社してから会社のインフラ、業務に慣れるにはそこそこ時間がかかるので工数が無駄になる。

パペット化された終身雇用前提の社員が大量にいれば、その悩みは無くなるのである。

ただし、考える力や気力を完全に失った、会社にいるだけのおっさんが大量に作り出されるため、そのヘッドカウントが生産性に全く寄与しないことから、全体で慣らすとイーブンくらいか。

 

トップダウンでの指示が伝わりやすい

「創業家は天皇以上、絶対服従」

というマインドが、役員~新入社員に至るまで浸透している会社は、創業家の、

「こう動きなさい!」

という指示が一気に伝播し、行動に移される。

株が分散している会社だと、

「まあ会社の方針はそういってるけど、おれらはおれらで現場の事情があるし。」

と会社方針に対して、独自の意思決定で動き始めるため、ベクトルを揃えることが難しくなる。

では、働く社員側の視点からするとどうだろう??

「こんなの現代の奴隷と変わらない、絶対に入社したくない!」

と思った方は、まだまだ若いな、と思う。

この環境に身を置けば、いちいちキャリアだの、転職だの、自分のやりたいことだの考えることに全く時間を使わなくて良くなるし、待遇もいいので、自分の趣味や家族と過ごす時間を多く割ける。贅沢しなければ人並み以上の生活を送ることも出来る。

なにより、安全で安心である。

いきなりリストラされることもないし、急に業績が悪化することもない。

悪化したとしても、無駄が多い会社が多いので、ちょっとコスト削減すればまた黒字化する。

なので、上昇志向や何か人生で達成したい目標がある人にとってはキツイ環境ではあるが、プライベートに重きを置いている人にとっては、本当にお勧めしたい環境である。

私個人としては、パペット人間で意思のない人はあまり好きでないので付き合わないが(笑

元戦略コンサルタントの管理人に会ってみませんか?

転職相談やキャリア相談、俺のキャリアコミュニティに参加申請などの連絡お待ちしています。

問い合わせボタン

■ この記事を書いた人

元戦略コンサルタント(サイト運営者)
元戦略コンサルタント(サイト運営者)
MARCH大卒→精密メーカーSE(3年)→総合系コンサルティング会社戦略部門(4年)→日系製造業事業再生(3年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です