入社1年目のコンサルタントが気をつけたい3つのこと


今回は、コンサルに入社した1年目の人が、コンサルタントとしての価値を高めるために持つべきマインドと、その際に特に気を付けたいポイントについてお伝えします。

 

この話は、私自身の入社1年目を振り返った際に、「もっとこうしておけば良かった」と考えていることでもあります。是非皆さんがこちらをお読みになることで、私と同じ失敗をしないようにしていただけると幸いです。

 

その前に簡単に自己紹介を致します。私は、新卒で外資コンサルに入社し、現在3年目のコンサルタントです。

これまでは主に国内大手メーカーのクライアントに対して、新規事業案件に関わってきました。フェーズとしては初期の構想立案から、現場感のある実行寄りのプロジェクトまで幅広く経験しました。

実際に”事業をカタチにする”というフェーズにも携わったという意味では、戦略コンサルタントとして比較的珍しいキャリアかもしれません。

では本題に入っていきたいと思います。

 

入社1年目の新人コンサルタントが気をつけるべきこと

 

1、常に、「クライアントにとって必要なことが何か、その中でどうクライアントに貢献すべきか」を考える

 

このことについては、特に異論はないかと思います。というのも、そもそもコンサルタントの価値はクライアントに貢献することであり、クライアントの価値向上に対してフィーをもらっているからです。また、入社後に上司からもよく言われることですので、忘れる人はいないでしょう。

 

 

2、「クライアントへの貢献」思考と「チームへの貢献」思考は似て非なるもの。後者に陥らないように気を付ける

 

ここで言う、チームへの貢献思考とは、「今のチームに足りないことは何か。それを自分が埋めることは出来ないか」といった考え方を指します。

特に1年目のようなスキルや経験もない時期に、「ちょっとでも価値を出すために、とにかく自分に出来ることを何かしなくては」という焦りから生まれることが多いと考えられます。

 

気を遣う余り、クライアントに貢献しないことに時間を使ってしまい、雑用係になる

この考え方で仕事をしていると、クライアントへの貢献と関係ない(コンサルタントして価値のない)ことに時間を使いがちになる可能性が高くなり、そしてコンサルタントとしての成長に全く繋がらなくなります。

具体的には、上司が忘れがちな「会議室の予約がちゃんと出来ているか」とか「資料の印刷設定や止め方が綺麗か」といったような些末で、価値がない事柄に時間やエネルギーを割いてしまう可能性があり、コンサルタントとして考えるべきことを考えられず、ただの雑用係になりかねないのです。

もちろん雑務をこなすことは必要ですが、それはクライアントにとっては無価値であることを認識し、あくまで価値あることに時間を割くべきである、ということです。

 

確かに、入社したての頃は右も左もわからず、この考え方に陥ってしまう気持ちも分かります。かくいう私自身、「最初はとくかく何か少しでも出来ることをやらねば」と焦って、些末なことばかりに気を取られていました。

その後、徐々に仕事に慣れ始め、コンサルタントの仕事としての全体観が見えてくるにつれ、この考え方が無価値であり、かつそれを持っていた自分に気付いたのでした。しかし、そのときまでに多大な時間・エネルギーを浪費しており、とても後悔したものでした。

 

3、上司への気遣いはしない

 

上司への気遣いをするべきではない理由は、以下の2点になります。

  • そもそも誰も求めていないから
  • ロジックが通らなくなるから

要するに、必要でもない上に仕事を阻害するのでやめましょうということです。

 

特にこれは外資に顕著かと思いますが、会社がフラットな風土を持っており、上下関係に全くうるさくありません。加えて、そのようなカルチャーで働いてきているせいか、部下から変に気を遣われることを嫌う人が多いように思います。つまるところ、面倒な人間関係には皆興味がないのでしょう。

 

上司の志向を気にすることが、逆にコンサルタント失格に繋がる

また前提として、コンサルタントの仕事において大事なこととして、論点(問)・答え・理由があるかと思います。今のプロジェクトにおける問いは何か、その答えは何か、それは何故なのかということです。

我々の仕事はこれを考え抜くことなわけですが、上司に気を遣ってしまう人の中には、「こういう内容で報告をすると、上司からxxと言われるのではないか」、「ああいう報告内容の方が好まれるのではないか」というように、上司のリアクションを考えてしまう人がいるのです。

こうなると、自身の仕事の論点が不明確になり、結果としてその答えも理由も中身のないものしか出てきません。すなわち、無価値なアウトプットです。これではコンサルタント失格と言わざるをえません。

この2つの理由により、上司への気遣いはすべきでないのです。

 

上司への気遣いをどうしてもしてしまう人が意識するべきこと

では、このような気遣いをしてしまっている人はどうすれば良いのでしょうか。おそらく、上司への気遣いをする人は、そのような思考様式が身体に染み付いているため、すぐに直すのは容易ではないでしょう。

特に、これまで上下関係の厳しい体育会系に所属していた方などは苦労するかもしれません。

 

基本的には、常に気を付けて徐々に慣れるしか方法はないかと思いますが、その際に意識すると良い点は存在します。

それは、コンサルティングファームにおいては「上司はあなたの主張していることが論理的に正しいかどうかのみを見ているのであり、あなたの人格等は特に興味がない」ということです。(もちろん、最低限の社会性やビジネス上のマナーは忘れてはなりませんが)

あなたが気を遣おうが、遣うまいがそんなことは誰も興味がないのです。

まずはそう自分に言い聞かせて、考えるべきことに集中できるようになっていきましょう。気を遣いたいのであれば、それが出来るようになってからにすべきです。

現在、コンサルに入りたてで仕事に苦戦している方は、是非とも無用な「上司への気遣い」をしていないか一度自身を振り返ってみてください。もし、思い当たる節がある場合には、一旦そのようなマインドは捨てて、ロジックに集中できるよう意識してみると良いかと思います。

元戦略コンサルタントの管理人に会ってみませんか?

転職相談やキャリア相談、俺のキャリアコミュニティに参加申請などの連絡お待ちしています。

問い合わせボタン

■ この記事を書いた人

東大院卒戦略コンサルタント
東大院卒戦略コンサルタント
東大院卒→総合系コンサルティング会社 戦略部門(3年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です