ITベンチャー(WEB系)で求められるスキルとは?

スキル

今回の記事では、ITベンチャー(WEB系)で求められるスキルについて記載していきたいと思います。

WEBメディアを運営する企業などへの就職を考えている人は、是非参考にしていただければと思います。

 

ITベンチャー(WEB系)で必要なスキル

 

プログラミングスキル

エンジニア職としてキャリアを積んでいく場合、プログラミングスキルが必須になります。

HTMLやCSSなどの静的な言語、PHP、Java Scriptなど動的な言語が、WEBサイトでは使用されます。

HTML、CSSの難易度は低いため、独学でも十分習得できる言語になっています。

エンジニアの市場価値は、年々上がってきており、高いスキルを身に着けることで、非常に高額な年収を得ることもできるため、是非とも身に着けていきたいスキルになります。

 

 

SEO(検索エンジン最適化)

グーグルなどの検索エンジンで上位表示させるスキルである、SEOはWEBベンチャーで需要の高いスキルの1つになります。

パンダアップデート、ペンギンアップデート、2017年2月のキュレーションメディアが下落したアップデートなど、グーグルのアルゴリズムの変更により、これまで通用していたやり方が通じなくなり、修正を余儀なくされることもあります。

そのため、常に最新の情報をキャッチアップしていき、その時代に合ったSEO対策を理解していくことが大切になります。

SEOは内制化することが難しく、外部に委託している会社も多くあるため、自社内でSEO対策ができる人材は非常に重宝される傾向にあります。

 

コンテンツマーケッティング

PV型ではなく、収益型のWEBメディアを運営している会社では、特に重視されるスキルになります。

特定のゴール(コンバージョン)を達成するためには、どのようなコンテンツの作成が必要か、どのようなキーワード(検索クエリ)での上位表示する必要なのかを設計する上で、必要なスキルになってきます。

 

広告運用スキル

近年、広告の種類は非常に多様化しており、マネタイズを最適化するのが難しくなっています。どの種類の広告を扱うのかによって、同じPVであっても収益が大きく変動するため、広告知識がある人材、運用経験のある人材の市場価値は、非常に高いものになっています。

ヤフーやグーグルのリスティング広告の運用ができると、自社メディアのマネタイズだけではなく、広告主から予算をもらって運用をする代理店事業でも、活躍することができます。

 

 

編集者スキル

多くの企業はコンテンツ(記事)を外注して、作成しています。出来上がってくる記事は、全てがクオリティの高い記事であるとは限らず、一部間違った情報を含んでいたり、日本語の使い方がおかしく、読みにくい文章になっている可能性があります。

そうした文章を精査して、読者が読みやすいように、訂正していく編集者としてのスキルは非常に大切なスキルになってきます。

また、文章をSEOに強いように、見出しタグや、メタディスクリプションの設定などをするのも、編集者の大切な役割になってきます。

ライタースキルしかない人の単価は非常に安い傾向にありますが、編集者としての能力がある人は、年収的にも高額になる傾向があります。

 

 

会社の社長、幹部とうまく付き合うことができる能力

これまで書いてきたスキルは、主にハード面のスキルですが、人間関係構築などのソフト面のスキルも非常に重要になってきます。

特にベンチャー企業は、会社の社長、幹部の意向が良くも悪くも、非常に色濃く反映される傾向にあります。

そういった重要人物とうまく付き合っていくことは、仕事をしていく上で非常に大切になってきます。

 

 

まとめ

今回の記事ではWEBベンチャーで必要とされるスキルについて記載してきました。

WEBベンチャーの仕事は、大企業に比べて裁量が大きく、やりがいといった面では事欠きません。

今後WEBベンチャーで働こうと思っている人は、今回紹介したスキルを習得を目指し、やりがいを持って、毎日の仕事に取り組めることを願っています。

元戦略コンサルタントの管理人に会ってみませんか?

転職相談やキャリア相談、俺のキャリアコミュニティに参加申請などの連絡お待ちしています。

問い合わせボタン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です