業務/ITコンサルタントとは?システム実装経験の有無がキャリアの幅を分ける!

IT

人材広告で、業務/ITコンサルタントという職種が募集されているのをよく目にすると思うが、新卒や中途でシステム実装経験なしにそこに入るのには、後々のキャリア狭まることを意外と皆知らなかったりする。

総合系コンサルティングファームの若手でも、SE/プログラマー=下流、業務コンサル=上流という意識があり、

「おれらは戦略の部隊ではないけど、システム屋とは違うから。」

と勘違い発言をしてしまう人もいるが、転職市場ではシステムが実装できるITコンサルタントの方が選択肢は広いし、市場価値も高い。

 

なので、同じ「業務/ITコンサルタント」でも、システム実装経験の有無によりポストコンサルでの選択肢に大きく差が出ることを認識した方が良いと思われる。

 

システム実装経験の無い業務/ITコンサルタント

 

新卒で研修を終えて、大規模BPRの案件に入り、業務フローやマニュアルを作ったり、PMOとして進捗管理や課題管理をやることになるが、業務の整理やプロジェクトマネジメントは出来るものの、システムの実装は出来ないスキルセットになりがちである。

 

仮に3年間、大規模BPRの要件定義や基本設計、PMOばかりやって、いざポストコンサルで転職先を探すといった場合、実はそのスキルがぴったり適合するポジションは極めて少ない。

というのも、事業会社で経営企画として採用されるには、中計策定や経営管理やM&Aなどの経験が無いため、戦略コンサル出身の若手と比較すると書類選考段階で負けてしまうのである。

また、ベンチャーでCTOポジションとなると、システム実装経験が無いため使いどころが無い。

よくCIOとCTOがごっちゃになって使われることがあるが、似て非なるものであるし、スキルセットも異なる。

 

  •  CIO・・・基本大企業で設置されるポジション。IT戦略やIT投資など情報システムの企画/管理業務をメインに担当するため、システムを実装して売上/利益に直結させなければならないベンチャーで設置することは無い。なので、極端に言えばシステム実装経験が無くても管理業務が出来ればなんとかなるポジションである。
  •  CTO・・・基本ベンチャーで設置されるポジション。WEBシステムなどの実装を1人で完遂するPM力と技術力があり、数名のエンジニアを統括してシステムの開発/運用を担当する。システムを最初から最後まで独力で実装できる能力がないと厳しい。

 

なので、若手の業務/ITコンサルタントのポストコンサルポジションとなると、事業会社の情報システム部門だと若すぎるし、ベンチャーだとシステム実装経験がないということになり、結局、楽天やリクルートなどのメガベンチャーで人が慢性的に不足しているところに、学歴や基礎能力の高さやコンサルファームで生き延びた生命力を買われて年収ダウンで入社する人が多い。

英語が出来れば、事業会社や外資の業務改革推進室みたいなところに入り込むことが出来るが、そこもかなり採用基準が高く競争倍率が高いのでハードル高い。

オラクルやSAPなどの、基幹システムパッケージを売っている外資にコンサルタントとして入社するケースもあるが、年収もややダウンして業務内容も下流に落ちるので人気が無い。

 

なので、システムの実装経験のない業務/ITコンサルタントは、コンサルタントとしてどんどん昇進してパートナーを目指すか、メガベンチャーに吸い込まれるか、SIerに転職するかが着地点として多いと思われる。

 

システム実装経験のある業務/ITコンサルタント

ベンチャー、2次請けや3次請けシステム会社、ソフトハウスで数年実績を積み、上流でのキャリア設計を志向して業務/ITコンサルタントになるパターンであったり、大学で情報工学を専攻しておりシステムで何でも作れるタイプの人間が、新卒で業務/ITコンサルタントになるパターンである。

確かに理系やエンジニア出身なので大人しい人も多く、全員の市場価値が高いというわけではないが、その中でもシステムを作って副業していたり、ビジネスセンスもある社交的でアクティブな人材は選択肢が広くなる。

大手事業会社のIT部門や、独立系のシステム会社での管理職ポジション、ベンチャーのCTOなどなど、特に今はエンジニアを統括してシステムの品質管理を行いつつ、プロジェクトマネジメント出来る人材はニーズも高く、年収もつり上がる傾向にある。

事業開発とシステムの実装が1人で出来るのであれば、もう起業してより高いレベルに行ったほうが良いと思われる。

 

もっと間口が狭く潰しが利かないのは、IT戦略やITガバナンスのみやっているIT戦略コンサルタントというポジションだと思われる。大企業向けに経営戦略からIT戦略に落とし込んだり、IT投資計画を策定したり、ITILやJ-SOX対応をやっている部隊であるが、このポジションにずっといると、システム実装経験があった上であればよいが、システムの技術面や実務面に対する知識が浅く、ポストコンサルで転職しようにしても、本当に従業員数の多い事業会社のIT企画ポジションという募集人数の少ないニッチなところしかスキルセット的に適合しなくなるため、ポストコンサルで苦戦する。

ましてやベンチャー転職においては、コンサルで培った体力と根性以外は不要なスキルセットであると考えてよいだろう。

 

業務/ITコンサルタントは、とにかく生産性を追及する仕事だ。

 

言い換えると、創造性を必要とせず、その仕事をやり続ければ誰でも出来てしまう仕事であるし、自ら独力で何かシステムなどを生み出すことも出来ないポジションである。

エンジニアとしてスキルを身に付けるより、PMBOKのフレームワークを学習してプロジェクト管理のスキルを身に付けるほうが遥かに簡単なのである。

今後AIや働き方改革が進み、生産性よりも創造性と実装力の方が高く評価される時代が来ると思う。

業務/ITコンサルタントのスキルは生産性を高めるために、1~2年やる分には良いと思うが、長く続けると選択肢を狭めるリスクが存在することを認識しておいたほうが良いだろう。

ただし、コンサルティングファームで培った、ストレス耐性、根性、徹夜する体力、度胸はどの仕事でも役に立つので、そこは自信を持ってもらいたい。

元戦略コンサルタントの管理人に会ってみませんか?

転職相談やキャリア相談、俺のキャリアコミュニティに参加申請などの連絡お待ちしています。

問い合わせボタン

■ この記事を書いた人

元戦略コンサルタント(サイト運営者)
元戦略コンサルタント(サイト運営者)
MARCH大卒→精密メーカーSE(3年)→総合系コンサルティング会社戦略部門(4年)→日系製造業事業再生(3年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です