【34歳未経験での転職】私がコンサルティングファームに転職した理由

未経験転職

この度、34歳未経験で総合系ファームに転職することになりました。34歳での転職は難しく、なかなか決まらないという現実もあるため、キャリアに悩む30代の人々にとって少しでも参考になればと思い、体験記を記します。

 

基本スペック

年齢:34歳男性

学歴:地方旧帝大理系院卒

職歴:新卒で入社した日系メーカーにて10年弱、海外マーケティングと商品企画を担当。海外出張経験は多数。海外駐在経験なし。

 

34歳未経験でコンサル転職した動機

一言でいうと、現職に閉塞感を感じてしまい、環境を変えてチャレンジしたいと思った。

新卒入社以来、日系メーカーにて海外向けのマーケティング・商品企画を担当してきた。色々な国に行けてやりがいのある仕事であったが、長年同じ部署にいるとどうしても仕事のやり方に慣れてしまい、マンネリ化が避けられなくなる。

特に「メーカーあるある」であるが、ジョブローテーションが少なく、専門的な部署では10年以上同じ仕事をすることもざらにある。自分はどうしてもこのようなキャリアパスを受け入れることができず、アラサー頃からモヤモヤを感じ始めていた。

30歳を過ぎた頃、思い切って転職活動をしてみるものの結果は出ず、異動のチャンスを待ちながら会社に留まることにした。私のいる会社では、20代後半から30代前半の若手社員に海外駐在の声がかかることが多い。

私も上司には前々から関心があった経営企画系部署への異動や海外駐在の希望を伝えていたが、チャンスは訪れず、相変わらず同じ部署での据え置きは続いた。

むしろ、30代も半ばに差し掛って主任に昇格し、リソースが足りない中で後輩育成や他部署との調整といった責任も増え、ますます外に出にくくなっていった。そして、34歳になって新年度を迎えた頃、焦りはピークに達した。

「このまま40まで同じ部署にいたくない!外に出たい!自分のキャリアの幅を広げたい!」

チャンスが社内に無いならば、社外に求めるしかない。こうして、私は転職活動を再開した。

 

34歳の転職活動は難しい、決まりにくい

お尻に火がついた私は転職エージェントに登録して、片っぱしから中途採用を受けることにした。だが、同業他社の同職種には興味はなかった。テーマは「商品企画職から事業企画職へのキャリアチェンジ」と設定し、事業会社の事業企画職やコンサルティングファームに的を絞った。

また、自分の志向として、なるべく海外に関係があるポジションを選んだ。しかし、34歳の転職活動は予想以上に難航した。およそ10社に応募したが、大半が書類選考で不合格。30代前半と比べて、明らかに自分の市場価値が落ちていることを実感した。

仮に書類を通過しても、お恥ずかしいことに筆記で落ちることもあり、面接に進めたのは3社、内定が出たのは総合系コンサルファーム1社であった。

総合系コンサルファームに内定が貰えたのも、自分の実力というよりは、近年のコンサルファームの中途採用増加という恩恵に預かれた結果だと受け止めている。だから、あまり成功例としては参考にならないかと思うが、私なりの面接の心構えを書いておきたい。

 

34歳転職を成功させるための面接の心構え

元気と熱意は一番大事、そして謙虚に

大人しくしていると「受け身な人」と思われて落とされることがある。最大限、元気と熱意をアピールしよう。ちなみに、私が内定をもらった総合系コンサルファームの一次面接では、面接官が若い女性だったため、いつもよりテンションが上がりハキハキとした受け答えになり、結果高評価を頂くことができたと思う。

これは、本当に予期しない幸運であるとともに、自分のポテンシャルが発揮できた一瞬であった。そして、何より謙虚であること。

30代中盤にコンサルファームに転職すると、自分の同年代のプロパー社員はすでにマネージャーやシニアマネージャーに昇格しており、周回遅れの不利なスタートとなる。その中でプライドを捨てて素直に教えを請うことができるか、面接では試されていると思う。

 

ケーススタディはプレゼンの場である

私はケーススタディに苦労したタイプで、内定をもらった会社で初めて合格点を取ることができた。面接を振り返ると、構造化や定量化といったロジカルシンキングの作法がなっておらず、思いつきに突っ走ってしまった点があった。

「あー、これはきっと不合格だ」と思っていたが、予想に反して評価は高かったようである。得られた教訓としては、以下が挙げられる。

  • ケーススタディでは論理的な回答も重要だが、プレゼン能力も見られている。
  • 紙に書くより、ホワイトボードを使った方が絶対にいい。書きながら歩きまわることで、リラックスして頭の回転も上がる。何より、ホワイトボードはプレゼンツールとして優れている。
  • 構造化は大事だがこだわりすぎない方がよい。面接官の好みにもよるが、思いつくままにアイディアを出した後、フレームワークで抜け漏れをチェックする方法を取ってもよいのではないだろうか。発散と収束、右脳と左脳の往復で思考は開けてくる。何よりも、ケーススタディを楽しんでいる姿勢を伝えることが一番大事である。

 

最後に

内定をもらった後、今度はコンサル人生への不安に苦しむことになった。30代中盤、未経験からのコンサル転職には、数多の困難が待ち受けているだろう。

失敗したら、やり直しはすごく大変だろう。だが、これまで組織のしがらみによって身動きが取れなかった時期と比べると、一皮むけて前進できたことは確かである。

最後に皆さんに伝えたいのは、「転職活動は早いうちに徹底的にやった方がいい」ということだ。もし、モヤモヤしている気持ちがあるのなら、年を取る前にさっさと動いた方がいい。そして、会社に少しでも不満があるなら、早々に会社を見切った方がいい。

会社に未練があると無意識に面接の言動に迷いが混じってしまい、結果内定が遠のくからだ。私の場合、30代前半の転職活動がそのパターンだった。

思っている以上に人生は短いので、タイミングを逃さないように頑張ってください。

元戦略コンサルタントの管理人に会ってみませんか?

転職相談やキャリア相談、俺のキャリアコミュニティに参加申請などの連絡お待ちしています。

問い合わせボタン

■ この記事を書いた人

30代未経験コンサルタント
地方旧帝大理系院卒→日系メーカー(海外マーケティングと商品企画)→総合系コンサルティングファーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です