転職に必要な英語力とは?


転職の際、英語力は必ずと言っていいほど聞かれる

 

転職となると、まず聞かれる事が英語力だ。

実際に英語力が有る無しで、応募できる求人が半分くらい減る。

「留学経験はありますか??」

「TOEICは800点以上ありますか??」

「どこかの国でマネジメントした経験はありますか??」

などなど、要は英語を母国語とした外国人と働くことに支障のない英語力があるかどうかは、今の世の中必須スキルと言えるだろう。

 

英語力のスキル区分

 

基本的な3つの基準

・日常会話程度

・ビジネスレベル

・ネイティブレベル

と3区分あるが、どれも定義が曖昧だ。

しかも各々の基準が会社によってバラつきがあるため、統一的な基準は無いのである。

 

会社ごとに異なる「ビジネスレベル」の基準

 

ポジションにも寄るが、「ビジネスレベル」という基準について会社を分類して表すと、感覚的には以下の通りだ。

 

ベンチャー/日系大手企業・・・TOEICで800点くらいあれば何とかごまかせる。

コンサルティングファーム・・・TOEICに加えて英語でミーティングが参加できる。

外資系企業・・・ほぼネイティブレベル。生まれ育った場所が英語圏じゃないが英語が出来る人。

 

TOEICでは、本当の英語力を測ることはできない

 

企業ごとに、なぜこんなに基準がブレるのかというと、TOEICというテストが、英語が出来る出来ないを図る尺度として適切でないことが一因として挙げられる。

なぜなら、重要なスピーキングとライティング能力を計測するテストでないため、本当に外国人ばかりの職場で生きていける人かどうか、TOEICの点数だけでは判断が出来ないのだ。

 

TOEICが高得点であっても、実務で使えるとは限らない

 

ちなみに筆者は、TOEIC850点というスコアだが、400点から半年で850点に上げたハリボテ英語だったため、転職の時は、

「キミ、理系の割に英語は得意なんだね。」

「ええ、まあビジネスレベルはあると思いますよ。」

と、ハッタリをかまして内定をゲットしていたのだが、実際に外国人の部下と仕事をする機会に遭遇してしまったため、スピーキングとライティングでその脆弱さを露呈してしまった。

ただし、スピーキングに関しては流暢に話せないものの、部下が何を伝えたいのかは理解できたことと、性格が良い若者だったのでカタコトのスピーキングでも、分からない部分は紙で書きながら一つ一つ確認しながらプロジェクトを進めることが出来たので、結果的に上手くいった。

 

仕事をするうえでは、英語力よりも、人間性が大切!?

 

なんだかんだ、英語が上手く話せる話せないよりも、一緒に働く人間が良いヤツかどうかの方が重要であると思っている。

その部下は母国に帰ってしまったが、1年後旅行に行った時も現地で遊びに行ったりする仲になれたので、結局言語よりもハートが重要なのではないだろうか。

ライティングもビジネスで使うとかなり苦しい。

前置詞の使い方もネイティブの人からすると違和感のある使い方をしてしまうし、その業界での独特の単語の使い方、言い回しなどはやはりその業界に居ないと直感的に分からない。がんばって慣れるしか手段はないと思われる。

 

5年間、海外の現地法人で働いていた食品メーカーの管理職と語学力に関する議論をしたことがあるが、やはりその方も5年間その土地で英語を使ってビジネスをしていても、ネイティブの人と対等に交渉が出来るまでにはならなかったそうだ。

 

なので、英語圏で生まれ育った人以外は、ビジネスレベルまでが限界と割り切ったほうが良いと思う。

 

 

英語力がなくても、英語を使う仕事に転職する方法

 

また、英語が全く出来ず、

「英語できるようになれって言われても、そんな環境にいないし無理じゃね??」

という方、結構いると思います。いいや英語なんか出来なくても、と諦めるのは早いです。まずは、

 

転職して環境を変えたいのならばTOEICの点数を上げること

 

これはすぐに出来ます。私が短期的に成果を上げたポイントは3つで、

・あくまでもテストなので、問題集を読んで出題傾向を理解して対策を講じること

・英語を勉強と思わず、ニュースはBBCを視るなど生活に英語を組み込むこと

・TOEICテスト受験は間髪いれずに連続して受け続けること

様々ノウハウはあると思いますが、英語が出来るようになるということではなく、TOEICで高得点を叩き出すことに焦点を置けば、そこまで難しくありません。

 

かつ、仕事で使いたいのならば、スピーキングも平行して練習すること

 

スピーキングを習得するには、練習が必須です。

座学でどうにかなるものではなく、どちらかというと体育に近い慣れが必要なので、日本に来ている外国人を六本木で捕まえて友達になるか、Skype英会話でどぶ板根性のあるフィリピン人講師を捕まえて、ひたすら練習するしかないです。

また、六本木で捕まえた外国人だと、汚い表現まで覚えてしまうので要注意です。

 

 

兎にも角にも、英語が出来ずにキャリアで悩んでいる方は、まずはハリボテTOEICで800点を取り、面接では顔色を変えずにハッタリをかまして「ビジネスレベルです」と言えば道は開けますのでご安心ください。

転職に成功したら、後は実践で慣れるのみです。

 

採用する企業側からすると騙されたと思われますが、そんなことは関係ないのです。

元戦略コンサルタントの管理人に会ってみませんか?

転職相談やキャリア相談、俺のキャリアコミュニティに参加申請などの連絡お待ちしています。

問い合わせボタン

■ この記事を書いた人

元戦略コンサルタント(サイト運営者)
元戦略コンサルタント(サイト運営者)
MARCH大卒→精密メーカーSE(3年)→総合系コンサルティング会社戦略部門(4年)→日系製造業事業再生(3年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です