【外資コンサル】アクセンチュアで首にならないキャリアの築き方


外資コンサルはクビになることが普通にある

アクセンチュアは、外資系企業であるため、日系企業とは異なり、首になることが普通にあります。

突然解雇を言い渡されるというエピソードもよく耳にします。

今回の記事では、総合コンサルティングファームでどう立ち振る舞っていくべきか、アクセンチュアで3年働いた私の経験をベースに書いていこうと思います。

 

ジェネラリストになるか、スペシャリストになるか

ジェネラリストの役割

弊社でジェネラリストというと、案件を取りに行くセールスであったり、プロジェクトをドライブするマネジメントであったりをする人たちになるのですが、なかなか大変なロールだと思います。

特に、これといった専門性がなく、強みがない状態でこのロールをしていこうとするのは無謀です。下からは何も知らない無能だと罵られ、クライアントからは何も詳しくない素人だと思われ、相当しんどいですし、実際にそういう人を見たことはあります。

実務の経験なしにマネジメント側の立場になってから専門性を磨くのは難しいです。

 

自分の現在の実力を考慮して、ポジションを下げて入社する人も

たまに年次が結構上で、マネージャークラスでマネジメント的なロールをする予定だったけど、あえて一個役職をさげてデリバリー側で専門性を磨きたいといって入る人がいるのですが、そうする背景はこういうところにあるそうです。

給料が下がるじゃん、アホじゃん、って言う人もいるのですが、私は賢明な判断だと思います。マネージャーで入ってたらクビになってたかもしれないですしね。

 

スペシャリストの役割

一方スペシャリストは、主にデリバリー側に入り、特定の専門分野で力を発揮するロールです。実務に直結していることが多く、専門性を磨くのには最適な環境だと思います。

SIであれば設計・開発などで、開発の知識と経験、システムの設計の仕方を学べますし、データ分析であれば、統計手法や仮説立案の方法などを学べます。

 

最近社内的にも、専門分野に特化した人たちを増やそうという動きがあり、各部署でスペシャリスト用の役職を用意するようになっています。

 

こういうタイプの人は、その知識が必要なプロジェクトにアサインされやすいので、先ほど書いたジェネラリストよりは茨の道ではなく、自分の得意分野で戦っていけばよいのが魅力的な点です。

 

アクセンチュアのスペシャリストはレベルが高い

さらに、弊社でこれらのスペシャリストは結構な猛者が多いのも良い点です。例えば、弊社のデータ分析関連のスペシャリストは、海外の大学で博士課程をとり研究所に数年いたとか、新卒ではいってから10年くらいずっとデータ分析をやっていたとかいう人ばかりです。

ただ、社内的には若干プロモーションが遅い(特にシニアマネージャー以上)感じがありますが。

 

まとめ

以上のことから結論としては、5年目くらいまではデリバリー側で専門性をみがき、マネージャークラスになったら専門性を生かしてセールスやマネジメントをしていくのが社内で最も生き残りやすい立ち振る舞い方だと思います。

私は今3年目ですが、あと2年くらいは専門性を磨き、マネージャーになったらセールスやマネジメントで自分の専門性を軸に案件を持っていこうと考えています。

2年後もアクセンチュアにいるかどうか分かりませんが。

 

 

元戦略コンサルタントの管理人に会ってみませんか?

転職相談やキャリア相談、俺のキャリアコミュニティに参加申請などの連絡お待ちしています。

問い合わせボタン

■ この記事を書いた人

東大卒アクセンチュア
東大卒アクセンチュア
東大卒→アクセンチュア(3年)

コメント一覧

  1. とくろう 返信

    9月から同社に仲間入りです、記事と参考にさせて頂きます、貴重な情報をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です